MENU

札幌 整体/リフレ宮の森/札幌市中央区円山、西28丁目、宮の森の整体院

 0800-900-4281 
札幌市中央区北4条西24丁目1-1 リラハイム円山1F

2003年開業 痛みを解決する整体院リフレ宮の森

Clover Image皆様の健康力が益々アップしますように

ヘルニアがあるので

腰椎ヘルニアならば、いわゆる腰痛や殿部から下肢への痛みやシビレ(坐骨神経痛)に対して診断されていたり、頸椎ヘルニアならば、首から上肢への痛みやシビレに対して診断されていたりするでしょうか。

画像での診断ならば、本来は痛みのある側のヘルニアが問題になるはずが、時として反対側にヘルニアが見つかることもあります。

そのような症状で来院された方に話を聞くと、たとえ反対側に見つかったとしても、「ヘルニアがあるのだから手術しましょう。」と言われていたりもします。

背骨専門の医師によると、「特に腰のヘルニアでは、徐々に吸収されていくことが期待できる(ただし、頸椎の場合には一概には言えません)。」とのことです。

手術を回避されながら痛みに耐えている場合や、手術をしたけど症状が残ってしまった場合など、痛みやシビレの症状を出すヘルニア以外の原因が、骨以外の部分にあります。

筋肉や筋膜に疲労の蓄積による過負荷が起きたり、代謝不良による局所の腫れや脱水、ねじれや癒着などの組織の機能変化が起きると、痛みやシビレなどの症状が起こります。

たとえ画像診断でヘルニアがあろうとも、症状の原因になるとは限りません。

機能異常を起こしている筋肉や筋膜を正常化させることで、何年も続いている症状が比較的早期に解消する場合もあります。

自分はヘルニア持ちだからと思っている方は、筋肉や筋膜の異常など、別な角度で考える必要があるかもしれませんね。

文責:白幡克治 整体師

略歴:1958/07/21生 札幌市出身
2000年 ナショナル整体学院札幌校卒業 同校認定整体カイロプラクティック師。
卒後、同校の直営治療院長、同校講師、総務部長を歴任する。
2003年8月 痛みの解決を目指す整体師としてリフレ宮の森を開院する。
リフレ宮の森≫≫
プロフィール≫≫