最近のいろいろが

ここ4年ほどの新型コロナウイルス騒動。
あえて「騒動」としか自分には思えないので「騒動」と言わせていただきます。
当初は疫病扱いで死ぬかもしれない病という風潮が流布されましたね。
階段から落ちようが自動車事故死であろうが、亡くなった方の鼻からウイルスの付着が見つかれば「感染死」とされていました。
統計上必要だからそのようにデータを集めるなんて言ってましたが、そのデータも精査されずにお蔵入りしています。
mRNAワクチンも、その感染予防効果も重症化予防効果も一切明らかにならず、最近はもっぱら接種後の感染増強や健康被害ばかりが取り上げられています(自ら情報を取りに行かない方は知りようも無いのかもしれませんが)。

拾いもの画像

海外製の大きな被害を出しているワクチンに代わり、通常の臨床試験手順を省いて国産ワクチン(工場が日本というだけで技術は海外なのかな)を厚労省は承認しました。
安全を考える科学者や医師が反対を唱えている、いわゆるレプリコンワクチンと呼ばれる自己増殖型ワクチンが安全を担保する試験を行わずに承認され、秋から接種を始めようとされています。ちなみに接種による健康被害に対応するための国の今年度予算が昨年の110倍になっています。国は危険なのを織り込み済みなんでしょうね。

さらにGW中にパブコメを募集していた「新型インフルエンザ等政府行動計画」では、平時から感染症に備えるためにマスクの強要、ワクチンの強要、政府が誘導したい方向以外の発信なんかを誤情報・偽情報として取り締まることまで盛り込まれています。
こんな内容のブログなんかは真っ先に取締りの対象になります(笑)。
あと数日でWHO総会があって、強制力を持たせるパンデミック合意や国際保健規則を改定させようとしています。
これも驚くなかれ日本政府が主導しています。
また、憲法改正案に含まれる緊急事態条項は、現行憲法の効力を停止させるもので、戒厳令下と同様になる、すなわち現在の政府が選挙制度等を停止して永久に岸田総理が続くことを狙っています。

陰謀論呼ばわりされるかもしれないけど、実際に起こっていることです。
何も知らないまま巻き込まれるのはイヤじゃありませんか?
自ら情報を取りに行きましょうね。